腰痛予防のためにストレッチや休憩で負担を軽減

腰痛予防のためにストレッチや休憩で負担を軽減

医療

腰痛予防のためにストレッチや休憩で負担を軽減

整形外科や内科など腰痛で受診をすると、レントゲン撮影をしたり、マッサージ機での治療を受けることができますが、すぐに解決をすることは少ないです。
痛み止めの薬と湿布などを処方してもらい、腰痛のつらさを抑えるのが、医療機関でできる対処になります。
実際に腰痛の90%は原因不明ともいわれており、日頃の腰への負担を、少しでも減らすことが必要です。
腰に負担をかけて傷めないためにも、長時間にわたり同じ姿勢を続けないことが基本になります。
立ち仕事やデスクワークの人は、同じ体勢で長時間過ごすことになるので、腰回りの筋肉が硬くなり、血液のめぐりも悪くなるためです。
血行不良が発生をした結果、酸素不足と栄養不足にもなるので、体内の痛み物質は発生しやすくなります。
腰痛防止のためにもデスクワークの人は、定期的に椅子から立ち上がること、軽く腰をそらすことです。
腹筋が弱くてバランス機能が低下をすると、腰痛を引き起こしやすいため、日頃から腰痛予防のストレッチを行うようにします。

ケガや痛み、痺れでお悩みなららくらく堂でしっかり治療しましょう!

大阪で歯科技工士になれる専門学校

名古屋市名東区で矯正で評判の接骨院なら誠英鍼灸接骨院へ

救急救命士 専門学校

一宮市の接骨院 お任せ治療 腰痛・骨盤矯正・交通事故治療

最新投稿

お知らせ

一覧

虫歯になる前に予防をする予防歯科の利用

太りやすい体内時計の乱れを正して健康体重に

食品アレルギーと勘違いをしやすい果物の刺激

肩凝り予防と解消には日々のストレッチを